トップページ | 鬼岩温泉へようこそ

新着イベント

明智光秀ゆかりの地「天龍寺」

 

青雲山天龍寺は曹洞宗の寺院で、寺院によれば

伝龍寺という廃寺の後に建立したと伝わっています。

天龍寺には明智一族歴代の墓所があり、

本堂には日本一大きい光秀公の位牌(約184cm)も祀られています。

  戒名は「長存寺殿明窓玄智禅定門

(ちょうぞんじでんみょうそうげんちぜんじょうもん)」。

明智一族とかかわりが深い寺院として、

例年6月には「光秀供養祭」が行われています。

 

由緒

 

寛永2年(1625)龍雲和尚が武儀郡下有知村の

龍泰寺27世正雪大和尚を招請し開山いたしました。

大正12年の焼失以前は、本堂、開山堂、明王堂、

鐘楼堂、禅堂 などの建物がありました。

現在の建物は、昭和45年以後に再建されています。

 

所在

 

明智光秀の叔父光安・光久が城主であった時、

稲葉山城主斎藤義龍の攻撃を受けて落城したとされる明智城。

明智光秀公が生まれ落城するまでの約30年間過ごした城と伝えられており、

明智城址の麓に天龍寺はございます。

 

明智光秀公 供養祭

 

毎年6月頃、明智光秀公供養祭が天龍寺にて行われます。

明智城址保存会が明智光秀公の遺徳をしのび

昭和48年から毎年開催しています。

当日は保存会の会員や地元の人、関係者が参加し、

明智光秀公の命日である6月13日にちなんで作られた

6尺1寸3分(約184cm)の位牌に向かい焼香いたします。

またその後、茶会を催します。

 

金の御朱印

 

プレミアムフライデー(毎月最終金曜日)限定で金の御朱印がございます。

佛と法と僧の三つの宝を表す三宝印と天龍寺の角印

「天龍寺乃印」が金色になっており、

可児市の明智光秀生誕地ロゴマークがデザインされております。

※予めハガキサイズで手書きされた御朱印となります。(有料300円)

※通常の御朱印もございます。

 

〒501-0213

岐阜県可児市瀬田1242

車)東海環状自動車道「可児御嵩IC」から10分(駐車場:数台) 
電車)名鉄広見線「明智駅」下車、徒歩15分

0574-62-1111 (可児市観光協会)

0574-62-1859(天龍寺)

アーカイブ

お問い合わせフォーム

0574-67-0285

受付時間:平日9:00~21:00

お問い合わせフォーム

メールアイコン黒 imanaro@i.softbank.jp